令和元年度 安全大会を開催しました

令和元年7月3日(水)、金下建設は金下建設安全協力会との共催で安全大会を開催しました。
この大会は、建設現場から労働災害や疾病を撲滅することを目的として、毎年安全衛生週間に実施している大会で、安全衛生活動で顕著な成績を収めた工事現場や協力会社、功労者などの表彰、安全の誓い、安全の提言発表などを行っています。
本年度は、丹後労働基準監督署長様を来賓に迎え、金下建設と協力会社合わせて約200名が参加、全員で労働災害の撲滅を誓いました。

冒頭、当社の金下社長からのあいさつでは新たな時代における当社の安全への決意・姿勢・取り組みについて述べました。その後、ご来賓の丹後労働基準監督署署長様よりご挨拶を頂戴しました。
安全表彰では、1年間の安全衛生活動において無災害を達成するなど優良な成績をあげた作業所、作業所長、担当者、協力会社が表彰されました。また、数多く応募のあった安全標語の中から選ばれた最優秀作品が表彰されました。
最優秀に選ばれた作品は、本年度の安全スローガンとなります。

安全スローガン

“あわてるな! 作業手順を再確認 指差し・声掛け安全作業”

続いて、当社従業員代表者2名と協力会代表として有限会社ゆうき建装さまより安全に対する提言を発表頂いた後、当社の安全環境部長が安全衛生管理について話をいたしました。

安全の誓い

私たち金下建設・金下建設安全協力会は、日々の仕事が安全であるよう、過去の教訓を忘れることなく、困難な仕事もコミュニケーションをとり、知恵を出し合い、安全な職場を築くことを誓います。

次に、金下建設・金下建設安全協力会を代表して当社従業員より安全の誓いを宣言し、大会参加者全員で唱和し、金下建設及び金下建設安全協力会の安全に対する意識の高揚を図りました。

特別講演

『ダレでもドコでもすぐ出来る!!毎日を充実させる健康習慣』

毎年、安全大会では第二部として特別講師をお招きして「健康」をテーマとした講演をして頂いています。
今回は、元陸上競技選手で現在はアディダスランニングアドバイザーとしてご活躍中の湯田 友美さんにお越しいただき、『ダレでもドコでもすぐ出来る!!毎日を充実させる健康習慣』と題して特別講演をして頂きました。

講演ではどんな人でも簡単に始められて、続けることが出来る運動を習慣づけるコツなどをお話しいただき、仕事の合間などでもすぐできる簡単な運動のレクチャーをいただきました。

最後に、安全協力会 金下会長より閉会のあいさつを頂き、大会が終了しました。
金下建設及び金下建設安全協力会は、令和となった新たな時代も、より一層の安全管理に努め、労働災害ゼロを目指して活動を進めてまいります。

関連記事

  1. 設立65周年記念式典を開催しました

  2. 平成30年度 安全大会を開催しました

最近の記事

月別