建設業界はその特質から労働災害件数が全産業のうち製造業に次いで2番目に多い業界です。建設工事に従事する人々の安全確保に努めることは当社が果たすべき役割です。
時には自然の中であったり、街の中であったりと工事現場ごとに環境が異なりますが、その工事現場に合った安全対策を講じ、すべての工事現場が安全で安心できる作業環境の整備を行い、災害・事故の撲滅を目指し、全社を挙げて様々な安全衛生に関する取り組みを実施しています。

安全管理体制

金下建設は、全役職員が安全衛生方針を共通認識として持ち、日々の業務の中での安全管理に努めています。全社組織として労働災害・交通事故の発生を防止・抑制するため、労働安全衛生委員会、安全運転委員会を設置し、社内ルールの策定や事故の原因究明・再発防止策の策定を行い、労働災害・第三者災害・交通事故の発生の抑制に努めています。作業現場では協力会社と災害防止協議会を設置し、現場パトロールや安全教育を実施し、安全な工事現場運営に努めています。また、当社は協力会社と金下建設安全協力会を発足し、当社と協力会社の協働により現場の安全管理能力の向上に向けた活動を行っています。

安全パトロール

安全環境部により作業現場の安全パトロールを定期的に実施しており、作業現場内の危険箇所の是正指示や現場職員への安全指導及び教育をとおして、現場職員の安全管理能力の向上に取り組んでいます。また、金下建設安全協力会による協力会パトロール・役員パトロール、災害防止協議会による現場パトロールを実施しており、当社と協力会社をあげて安全な職場環境の構築に努めています。

安全大会及び安全表彰

金下建設は、金下建設安全協力会との共催により毎年の全国安全週間に合せて安全大会を開催しています。安全大会では、1年間の安全成績のまとめと新たな1年間の安全へ向けた決起を行っています。また、安全標語の表彰や協力会社との協働による安全管理能力の向上を目的として優秀な安全成績を納めた当社従業員と協力会社及び職長の安全表彰を行っています。