金下建設は、経営の透明性を図り全てのステークホルダーから信用されるため、コーポレート・ガバナンス、内部統制などの社内体制を確立して、コンプライアンスやリスクマネジメントにに努め、健全な経営活動を推進してまいります。

企業理念と事業プロセス

金下建設は、経営理念と社訓を会社と役職員の目指すべき姿として捉え、これに基づき安全衛生方針、品質方針、環境方針、個人情報保護方針を制定し、これらを全ての役職員が共有しています。この経営理念・社訓・各方針に対し、各部門で年度計画を定め、日常の事業活動の中で実践しています。また、就業規則・各種規定を従業員の行動規範として企業倫理の確立とコンプライアンスの徹底に取り組み、事業活動をとおして、すべてのステークホルダーから信頼を得る会社となることを目指して活動しています。

コーポレート・ガバナンス体系

金下建設は、株主及び顧客をはじめとする全てのステークホルダーから信頼を得られる経営が基本であると認識しております。法令の遵守、的確で迅速な意思決定、企業としての社会的責任を果たすことを重視し、かつ、高い透明性を担保し、内部統制システムの構築とその適切な運用を行い、コーポレート・ガバナンスの充実を図ることが経営の重要課題の一つと考えております。そのため、社外取締役の選任、管理職による管理者会の開催、弁護士法人との顧問契約の締結など管理体制の強化を図っています。

リスクマネジメント

金下建設は、事業活動におけるコンプライアンス、安全衛生、品質、環境、財務および情報セキュリティ等に係るリスクについて、社内諸規定の制定及び役職員への教育を実施するとともに、事前に適切な対応策を準備する予防処置によりリスクを最小限にすべく組織的に対応を行います。
震災や水害などの自然災害に見舞われ、従業員、社屋、設備、施工中の現場、協力会社等に相当の被害を受けた場合でも、重要業務を出来る限り中断せず、事業が継続できるよう事業継続計画を策定しています。
建設工事においては、工事毎の特性を理解した上であらゆるリスクを抽出し、事前にそのリスクに対する予防策を決定し、日々の業務の中で実践及び見直しを行っています。